第24回「枯れ木の芸術…?」
ノスタルジックな感じがする風景
戻る
冬になると、木々たちが葉を落として冬に備えるわけです。

そんなわけで、まだ2月あたりは、近所の桜や柿たちが枯れ木になってます。
確か、広葉樹は冬に葉を落とすけど、松とか杉のような針葉樹は一年通して葉が付いてるんでしたかね・・・?

よく、枯れ木も山の賑わいなんて言います。
「つまらないものでも、無いよりはましである」と言う意味らしいです。
「たとえ枯れ木でも、無いよりはあった方が風情がある」からとか何とか。

まあ枯れ木は枯れ木で、夏の青々しいときとはまた違った良さがあるような気がします。
つまらないものと思わずに、違った観点からいろいろ見てみたら、また違った良さが出てくるんではないですかね。

あと、昔は大きな木の枝にお手製ブランコとか付けて遊んだ記憶があるからか、懐かしさ感じる・・・。
inserted by FC2 system